やましたピアノ教室の新着ブログ

カテゴリー別アーカイブ: 日記

保育科さん…バイエルの悩み

こんにちは。

新年度が始まり1ヶ月、4月は今日で終わりです。

今日は朝から、調律師の方が来てくださって、

教室の2台のピアノを調律していただいています。

ベランダに出て、ふと空を見上げると、綺麗な青空に白い雲が浮かんでいて、

まるで、絵本のページを見ているような光景…

ハーイ!歌いたくなりますよね〜。

「ファ♯〜レファ♯レミ〜ソ〜 ファ♯レレ〜」の前奏フレーズから歌いたくなります。

 

『青い空に絵をかこう!』という歌です。

♪〜 青いそらに えをかこう おおきな おおきな ふね

あのふねにのって しゅっぱつだ ぼくらのしまへ〜

あしたは あしたは あしたはぼくらのせかいだ

あしたは あしたは ぼくらのせかいだ〜♪

 

さて、今日は保育科に通っている生徒さんのお話です。

私の教室には、保育科の学生さんや、これから保育科に進学する生徒さんが

沢山いらっしゃいます。皆さん、とても真面目にお勉強していらっしゃいます。

その生徒さん達が、口を揃えて「難しい!」というのが、『バイエルピアノ教本』です。

 

幼い頃に、バイエルを学習している生徒さんだと、思い出しているうちに

何となく指が思い出して、弾けるようになってくるのですが、

他の教本や、グループレッスンで学習された生徒さんにとっては、

『バイエル教本』はなかなか思う通りに指が動いてくれないようですね〜。

70番台までは…何とかクリアしても、80番台になって、

シャープが3つ、4つとなってくると「ウーン(u_u)、シャープが〜〜?」になってきます。

 

そこで❗️私がよくレッスンの中でするのは、左手を弾きながらのメロディーを歌う!。

保育士さんになるには、ピアノを弾きながら歌うことは必修ですよね。

そのお稽古も兼ねて、左手の伴奏を弾きながら、右手のメロディーを歌います。

この練習、案外と笑える練習です。何だか可笑しくて笑ってしまいます。

でも、眉間にシワ寄せて楽譜を見るよりは、ずっといいですよね。
何回か繰り返しているうちに、歌えるようになったら、

左手を弾きながら、メロディーを歌いながら、右手を膝の上で指使いどおりに動かす❗️

「うわー、せんせー、ムーリー!」と言いながらも、若いって素晴らしいですよね。

何だか笑っているうちに出来るようになります。

ここまで出来れば、「バイエル82番 ホ長調」何とか弾けるようになります〜(╹◡╹)。

 

保育科さんの生徒さんにとって、バイエルを弾くことが目標ではありませんよね。

もっともっと先の事が大切ですし、沢山学ぶこともありますよね。

その最初のところで、つまづいてしまわないように、嫌になってしまわないように、

楽しく楽しくピアノを学んでほしい!と思います〜(╹◡╹)。

 

☆4月…年少さんのレッスン☆

こんにちは。いつも山下ピアノ教室のブログをお読みいただきまして、

ありがとうございます。小さなお子様の感性に寄り添いながら、

『自分で考えられる子供に育つ脳科学メソッド』を取り入れた知育&ピアノレッスンを

開講しております。

 

 

今日の栗東は一日中雨が降る日曜日になりました。

こんな日は、一日ゆっくり過ごす時間が出来て、嬉しい私です。

沢山いただいているメールに返信したり、生徒さんからの動画を添削したり、

なかなかプライベートな事には手が届きませんが、それなりに楽しんでいます。

そうそう、昨日『お花のクラウドファンディング』の今月お花が届きました。

今月は「アルストロメリア」というお花です。

 

さてと、今月からピアノのレッスンを始めた、年少さん達のレッスンが2回終わりました。

年少さんの生徒さんたちは、この4月から皆さん幼稚園、保育園に通い始めました。

4月は、毎日の生活に慣れるのが精一杯ということもあって、

ピアノのレッスンは、2回にしました。
1回目のレッスンで、2つの黒鍵とドの音をマスターして下さったので、

2つの黒鍵を弾いた2本の指を『ミとレ』のところにおろして、

『ミ 、ミ、レ、レ、ミ、ミ、ミー』をレッスンします。

以前は『ド』をマスターしたら『レ』の音を入れてたのですが、

小さな指の生徒さんにとっては、長さの違う親指と人差し指を動かすのは、なかなか大変❗️

それよりは、『ミ、レ、』の方が動かしやすいとわかってからは、そうしています。
そして、『ミー、レー、ドー』とつなげてみる!

3本の指がピアノの上で、3つの音を奏でること❣️ここまで出来れば、バンザーイです。

『ミー、ドー、ミー、ドー』とピーポーピーポーを弾いたり、

『ミ、レ、ド、レ、 ミ、ミ、ミー』とメリーさんのひつじを弾いたり。

 

年少さんのピアノはゆっくり、ゆっくりですが、

小さな指を大切に、ピアノの第1歩をマスターしてほしいと思います。

さてさて、2ヶ月目は…、右手の5本の指を動かしたいと思います。

ウフフフフ…とっても楽しみです(╹◡╹)。

新しい生徒さんをお迎えしました

いつもいつもブログをお読み下さいまして、ありがとうございます。

山下ピアノ教室を主宰しております山下瑞穂と申します。

小さなお子様の感性に寄り添いながら、賢い子供に育てる脳科学メソッドを取り入れた

『小さな子供達のための知育&ピアノレッスン』を開講しております。

 

今日の栗東は、爽やかな春の一日で、気持ちのよい日曜日です。

いつのまにか、日曜日にブログを書く事が習慣になりつつあります。

日曜日は過ごした一週間と、これからの一週間を考えるのには、とても良い日のようです。
さてさて。。。

この一週間は、毎日のように新しい生徒さんのレッスンが始まった一週間でした。

素敵なレッスンバッグを大事そうに抱えてレッスン室に入って来て下さる姿は、

ホントにホントに初々しくて、可愛いらしいです。

最近は、お父様が付き添って下さることも増えて、

お母様の時とはまた少し違った空気感が伝わってきて、それもまた楽しいです。

 

お家で頑張ってきたプリントを嬉しそうにファイルから出してくれたA君、

お気に入りのカスタネットを巾着袋から取り出して見せてくれたMちゃん、

おばあちゃまお手製のレッスンリュックを見せてくれたRちゃん、

レッスンが楽しみすぎて、階段でコケてしまったR君、

お家にまだピアノがなくて、お渡しした紙鍵盤でお稽古してくれたAちゃん、

レッスンの最初に「かえるのうた」をお姉ちゃんと一緒に弾いてくれたYちゃん、

とっても素敵な声で、「となりのトトロ」を歌ってくれたMちゃん、

そして!お姉ちゃんと一緒にリズムのレッスンをはじめるK君、

そしてそして。。

誰よりも楽しみにしていたレッスンの日、お熱が出てしまって、

レッスンに来れなくなってしまったSちゃん。

来月5月スタートのEちゃんと大人の生徒さんMさん。
初めてのレッスンは、私にとってもとてもとても大切な日、

今年もピッカピカのレッスン一年生さんが揃いました。

これからがとってもとっても楽しみな私です。

絵本セミナー開講中です。

こんにちは。

今日の栗東はとってもいいお天気!「春爛漫」がピッタリの日曜日です〜。

今週は新年度の始まりの一週間、ドタバタの毎日でした。

でもでも、新しい生徒さんたちのレッスンは、ホントに楽しいです。

新しい風が吹く…そんな感じでしょうか。

 

さてさて、レッスンと同じぐらい忙しくなってきたのが、

『ピアノの先生のためのピアノレッスン指導法セミナー』です。

ピアノの先生方のレッスンに関するお悩みに、1対1でお話を聞きながら

私のやり方をお伝えしたり、私の経験の中からお話させていただいています。

今の時期だと『体験レッスンプログラム&成功法』のお話が多いですね。

 

その中で、最近お問い合わせが増えてきたのは、

『絵本を使って知育レッスンをする方法』

『絵本を使ってピアノレッスンに繋げる方法』についてのお問い合わせです。

ピアノのレッスンを始める年齢が、低年齢になってきた昨今、

お母様方がピアノ教室に求めることも、少しずつ変化しています。

 

そこに答えるためのレッスンを、絵本を使ってレッスンする!

 

楽しくレッスンしながら、小さな子ども達の脳の発達を促すことが出来れば

こんなに楽しいことはないですよね。

そんなお話をセミナーの中で、ピアノの先生方にお伝えしています。

今週も新しい先生との出会いがあり、とっても楽しみな私です。

 

新年度スタート❗️〜出会いとお別れ〜

いつも山下ピアノ教室のブログをお読みいただきまして、ありがとうございます。

桜満開の昨日、新年度のレッスンが始まりました。

いつもと変わらない「こんにちは❣️」もなんとなくウキウキ聞こえます。

「〇〇ちゃん、6年生だね〜。進級、おめでとうございます」と声をかけると

「ありがとうございます‼️」と、とっても元気のいい声が返ってきました。

その後、二人で顔を見合わせて大笑いでした。

レッスンの始まりが、笑顔って嬉しいですよね。

この一週間のレッスン始まりのご挨拶にしたい私です。

 

さてさて、昨日は「はじめましてレッスン」の生徒さんもいらっしゃいました。

なんと!最初にお申込みいただいたのは、1年前。

土曜日が希望のため、この1年は時々リトミックのレッスンに来て下さっていたのですが、

この春からピアノレッスンに移行されて、昨日からピアノレッスンが始まりました。

これから長く長くお付き合いしたい私です。

 

そして…昨日の最後は、この春大学進学のため、滋賀県を離れる生徒さんと

最後のレッスンをしました。

年長さんの時から13年の…長い長いお付き合いです。

幼い頃からの穏やかな口調と笑顔は、最後まで変わらずの彼女。。

「先生!また会いに来てもいいですか?」の言葉に、

泣かずに笑顔で…と思っていたのですが、涙腺崩壊でした。
これからの彼女の新しい未来に、心からエールを送りたい私です。

 

ご卒園、ご卒業おめでとうございます。

いつも山下ピアノ教室のブログをお読みくださいまして、ありがとうございます。

3月もあっという間に過ぎて、もうすぐ4月です。

さてさて、先週のおわりに小学校さんの卒業式、そして、

今週は幼稚園 保育園さんの卒園式がありました。

お天気の方は…ちょっと味方をしてくれなかったのですが、

それでも!心の中は、とってもとっても晴れやかな日だったと思います。

 

今年は4名の生徒さんたちが、卒業式でピアノ伴奏をいたしました。

卒業式が始まる前は緊張したそうですが、

皆さん、口を揃えて、堂々とした弾きっぷりだった!と。良かったです〜(≧∀≦)。

そして、式の最後に『旅立ちの日に』を伴奏した生徒さんは、

今までの演奏の中で一番上手く弾けたとのこと

とても晴れやかなお顔で報告して下さいました。…卒業式ならではですね。

 

中学校に進学しても、全員ピアノを続けて下さるとのこと、

そのことが、何よりも何よりも嬉しい私です〜(╹◡╹)。
これから、新しい世界に一歩を踏み出すみなさんに、送りたい歌があります。

『今 ありて 』という曲、ご存知でしょうか…。

春の選抜高校野球の大会歌として、25年前に作られた曲です。

夏の大会歌『栄冠は君に輝く』も大好きですが、

春の大会歌『今 ありて』は、春の季節にぴったりの応援歌のように思います。

私…なぜだか、高校野球の開会式が大好きなんです〜(≧∀≦)。

春も夏も、必ずテレビの前に座って見てしまいます。

 

 

『今 ありて 』
♪ 新しい季節はじめに 新しい人が集いて、

頬そめる 胸のたかぶり 声高な夢の語らい

ああ、甲子園 草の芽萌え立ち、駆け巡る風は、青春の息吹か

今 ありて 未来も扉を開く 今 ありて 時代も連なり始める ♪

 

これから始まる新しい未来も、今この瞬間があってこその連続ですよね。

晴れの日、曇りの日、雨の日、風の日…、いろんな日があると思います。

でも、その最後に、いつも笑顔があればいいなぁ〜と思います。

心から…おめでとうございます。そして…これからも、どうぞよろしく…(≧∀≦)。

 

3月になりました…♡♡♡。

3月に入った初めての日曜日の栗東は、穏やかなお天気です。

寒かった2月かウソのように、3月に入って暖かくなりました。

もうすぐ…春ですね〜。

先月から春のガイダンスが始まり、はじめましてのワクワクドキドキを

楽しんでいます。お子様もお母様もホントに素敵な方々ばかりです。

来月からのレッスンを前に、半年ぶりにお会いした生徒さんもいらっしゃって、

たった半年ですがずいぶん大きくなっていらっしゃいました。

そんな想いでお教室の生徒さん達とレッスンをしていると、

生徒さん達の成長を感じることが多々あります。

 

この半年で、初めてのグレード試験を受けた生徒さん達は、

受けて終わった今、何もお話しなくても次の曲に取り組んでいらっしゃいます。

夏の発表会に向けて選曲をした生徒さんもいます。

初めての試験に一生懸命取り組んで、親でもなく私でもなく、

初めてお会いした試験官の先生に褒めていただくことで、

大きな自信をつけて下さったように思います。

 

この春、小学校を卒業される生徒さん達は…6年以上のお付き合い、

いつのまにか、本当に本当に大きくなりました。

小学校卒業を機会にピアノを卒業される生徒さんもいらっしゃるのですが、

ピアノを当たり前のように中学生になっても続けてくださることが

本当に本当に嬉しい私です。

 

3月…出会いと別れが一緒におとずれる月です。

♪♪2月のガイダンス&体験レッスン♪♪

今日の栗東は、少し曇っているもののお日様が顔を出しています。

昨日までの北風も止んで、穏やかな午後です。

こうして、少しずつ春に近づいて行くのですね〜。

心なしか今朝ポストに行く道の途中にある桜の枝が膨らんでいる気がしました。

 

さてさて、今月は体験レッスンを申し込んでいただいた皆様と

お会いしてガイダンス&体験レッスンのお話をしています。

昨年の秋から申し込んでいただいている皆様から先にお会いしていますが、

もう既にお会い出来て、4月からのレッスンが決まった方もいるのですが、

正直なところ、この時期お教室にお越しいただくことに

不安なかたもいらっしゃいますよね。

 

そこで❗️ガイダンスの方には、zoomやLINEビデオ通話で

お話させていただく事も出来るようにいたしました❣️

体験レッスンの方には、3月末に日程を追加しましたので、ご安心下さいね。

お申込みいただきました皆様と安心してお会いできることを願っております。

卒業式伴奏オーディション合格❗️

こんにちは。

いつも山下ピアノ教室のブログをお読みいただきまして

ありがとうございます。

今日の栗東は朝から冷たい雨が降っています。

一雨ごとに春が近づいて来るのかなぁ〜。

 

私には『春』が近づいて来ると、ついつい歌ってしまう歌が、2曲❣️あります。

これをいうと年齢が…ですが。

1曲は『春一番』

「もうすぐはーーるですね〜、ちょっと気取ってみませんか」

そしてもう1曲は『春なのに』

「春なのに お別れですか…、春なのに涙がこぼれます」

全く正反対の歌ですが、大好きな曲です。

 

さてさて❣️2月に入って、卒業式の伴奏オーディションが、

小学校さんで行われ、今年は今のところ全員合格❣️嬉しい報告です。

この2年の間に卒業式も形が変わり、歌われる曲も少なくなってしまいました。

そのため、『旅立ち日に』はなかなかの激戦になることも多い気がします。

 

でも、生徒さんたちを見ていると何となくわかることがあります。

私の教室の生徒さん達が、合格出来るのは、『マインドが強い❗️』から。

勿論、曲を弾く力も充分に持っていますが、それは多分オーディションを受ける

全員が持っていると思っています。

そこに❗️プラスα何を持っているか…だと思います。

 

「オーディションを受ける誰よりも、私が弾きたい」

「この曲を卒業式で弾きたい気持ちは、誰にも負けない❗️」

この2つがあるからだと、私は思っています。

 

今週、最後の小学校の卒業式オーディションがあります。

4年生の時から卒業式でこの曲を弾くことに憧れてきた生徒さんです。

誰よりも弾きたい気持ちが大きい分、不安になることもあります。

たかがオーディション…されど オーディションなのです。

彼の気持ちに寄り添いながら、オーディションの日を迎えたいと思います。

スプリングコンサート終わりました

今シーズンは、週末になると寒いですね。

寒さに加えて、何とも不安定な状況が続いている中、

スプリングコンサートが行われました。

私のお教室からは2名の生徒さんに出演していただきました。

 

個人教室のため、他のお教室の生徒さんたちの演奏を聴いたり、

一緒のステージに立つ機会がなく、

良いこともあれば、外から受ける刺激に乏しくなりがちです。

 

そんなわけで、スプリングコンサートのステージは

とてもとてもありがたいステージです。

私自身にとっても、他のお教室の素晴らしい生徒さんたちの演奏を聴くことは

とてもいい刺激になります。

 

今日のチャレンジを次のステージに繋げる❗️

 

こんな状況の中にあっても、素晴らしい発表の場をいただけたことに

心から感謝の気持ちでいっぱいです。
また、明日から新しい風が吹く…と思ってましたら

とっても嬉しいことにホームページからお問い合わせが…❣️

「笑門来福」笑う門に福はやってくるようです