新着ブログ|山下ピアノ教室

やましたピアノ教室の新着ブログ

6月…2つの大好きな歌

あっという間に一週間が終わり今日は日曜日、

ちょっと一息入れて、明日からのレッスンの準備をします。

でも、今日は一日中発表会のプログラムとプリント作りをしてました。

今週も、発表会のレッスン、グレードレッスン、ぷれピアノさんのレッスン、

新入会の生徒さんのレッスン…、てんこ盛りの毎日になりそうです。

 
この季節、気がつくと歌っている歌、ついつい口ずさむ歌が2曲あります。

まず1曲は、湯山 昭先生作曲、鶴見 正夫氏作詞の、『あめふり くまのこ』です。

数ある童謡の中で、私はこの『あめふり くまのこ』が、一番好きです。

この曲の絵本を見つけた時には、本当に、本当に嬉しくて、

お教室に置いて生徒さん達に見ていただく用と、

私個人のコレクション用と、2冊買ったぐらいです〜(≧∇≦)。

 

お教室でもこの絵本は、大人気で、親子で一緒に歌って下さったり、

レッスンの最初に「先生、ピアノ弾いて〜。」と、持ってきて歌ってくれる生徒さんも。

どの歌詞も好きですが、5番の歌詞…、小さい頃から好きです。

 

『 ♪ なかなか やまない あめでした

かさでも かぶって いましょうと

あたまに はっぱを のせました』

皆さんは、何番の歌詞が、お気に入りかなぁ。

 
そして、この曲とおなじくらいこの時期歌う歌が、

中川 ひろたか氏作曲、新沢 としひこ作詩の『にじ』です。

この曲との出会いは、息子の幼稚園の『6月の歌』として、出会いました。

幼稚園からのお便りに、楽譜つきで紹介される毎月の歌が、

従来の歌い継がれてきた歌と、新しい感覚の歌の両方が、毎月紹介されていました。

 

この『にじ』は、ウフフフフ♡♡♡…ひとめぼれの歌でした〜(≧∇≦)。

ボーイソプラノの息子の歌声とこの曲の歌詞が、も〜も〜最高級の癒しでした。

お風呂の中で、よく二人で歌った曲、今では…さすがに二人というわけには…(笑)、

でもでも、疲れた時やちょっとブルーな時に、背中をそっと押してくれる歌です。

 

『 にわのシャベルが、 一日ぬれて、 雨があがって、 くしゃみをひとつ、

雲がながれて、 光がさして、 見上げてみれば…、ラ、ラ、ラ〜、

にじがにじが、 空にかかって、 きみのきみの、 気分も晴れて、

きっと明日は、 いい天気、 きっと明日は、 いい天気〜‼︎

きっと明日は、 いい天気、 きっと明日は…、いい天気〜‼︎ 』

 

こちらも歌詞に添った絵本があります。

とても可愛らしい絵本です。

2冊の絵本と歌…私の大好きな宝物です

♪レッスングッズは大切♪

今日の栗東は、午後から雨になりました。

このところの暑さに…早くもレッドカードでしたので、

とても涼しくて、私としましては、とっても嬉しいです〜(≧∀≦)。

ただ一つだけ…この時期、特に雨が降ると困ることがあるんです。

それは…天然パーマの髪の毛が…(u_u)。

もう〜ホントに、金太郎さんのように膨らみます〜笑笑。

 

さてさて!今日は、レッスングッズのお話です。

グレードレッスン、曲のレッスン、ピアノのレッスンにおいて、

左手で和音をつかむのは、避けて通ることができませんよね。

パッと和音がつかめないと、メロディが流れなくなってしまいます。

和音がいくつも連続していると、あらあら、まあまあ…です。

 

でも、よ〜く見ると、動かさない音があったりしますよね。

「その3の指!動かさないで、1と5の指を右にずらしたら、次の和音。」と言うと

「えっ?せんせー、急に言われたら…」と鍵盤の上を手が右往左往になります。

何だか変な響きがするなぁ〜とみてみると、#と♭の鍵盤の押さえ間違い…、

「それ、#になってるよ。」「あっホント。」と気がついても、

一度インプットしてしまうと、これまた直すのが大変だったりします。

 

何かいい方法がないかしら〜と思いながら、ボーっとAmazonを見てましたら、

ナントナント‼️見つけたんです〜(≧∀≦)。これ‼️いいかも〜のグッズ(╹◡╹)。

『 ナカノ ミュージック レッスン スタンプ 』

百聞は一見にしかずと申します。良かったら、ご覧くださいませ。

ちょいとコツが入りますが、大譜表と大譜表の間に入ります。

つかめない和音を左手で押さえて、右手で押さえた鍵盤を塗る!

一つ前の和音の音を、違う色で小さな⚫️で書くと、動かさない音を

視覚的に捉えることが出来ます。

そして‼️なんと❣️つかむことが出来るようになるんです〜(≧∀≦)。

つかめなかった和音が、ウソみたいに、パッとつかめるようになるんです〜(≧∀≦)。

 

レッスンの中で、何度も同じことを、注意する方もされる方も、いやですよね。

そんな時に、こんなグッズがあると、気分も変わりますよね。

弾けてないけど…笑顔になれる!は、必要です笑。

 

ユンディ・リ『月光』

いつも山下ピアノ教室のブログをお読みくださいまして

ありがとうございます。

あっという間に、5月最終週になりました。

 

今日の日曜日、テレビの下に積み上げられているDVDを断捨離しようと

出してみたところ、出てくるDVDがどれもこれも何とも懐かしく

作業が進まないまま、1枚のDVDに目が止まりました。

『題名のない音楽会 2014』と書かれたDVDでした。

 

早速、DVDをセットして、画面を見てましたら…♡♡♡、

とてもとても清閑な顔立ちの、ユンディ・リさんが笑ってまして…(^∇^)。

スッキリした32歳のユンディ・リさんは、何ともステキでした〜♡。

 

思い出してみると…

私が、ユンディ・リさんのコンサートに行ったのは、

ショパンコンクールで優勝した後のコンサートで、

ショパンプログラムのコンサートでした。

 

「ピアノの音が、キラキラと空から舞い降りてくる」という表現が、

本当にピッタリの、透明感のある凛としたピアノの音に、聴き惚れました。

私がコンサートの中で一番印象に残った曲は、

アンコールで演奏した『Sun Flower(ひまわり)』という、

中国のわらべ歌をアレンジした曲でした。

これまた!ホントにステキで…(≧∇≦)。

 

DVDの中のユンディ・リさんは、

ベートーヴェンの『月光 第1楽章』を、静かに静かに奏でてました。

次いで第2楽章、第3楽章…と。

透明感あふれるピアノの音に、思わずため息が…。

巻き戻して2度見してしまいました。

 

時が流れて…現在42歳になったユンディ・リさんは

再びピアニストとしてリサイタルを始動したとニュースで見ました。

もう一度!機会があれば聴いてみたいですね〜。

とても贅沢な日曜日の朝になりました〜(≧∇≦)。

 

♪発表会の悩みごと♪

今日の日曜日は、朝から雨になりました

こんな日はのんびりと過ごすに限ります!

ということで、発表会の雑用をこなしながら、レッスン教材を作りながら

ゆっくりの日曜日となりました。

 

さて、発表会が近づいてくると、ペダルを使うことが増えてきます。

グランドピアノのペダルにきちんと足が届いて、ペダルが使えるようになるには…、

身長が140cm〜145cm、学年でいうと小学校5年生ぐらいでしょうか?

でも、個人差があるのは…仕方のないことで、4年生でも楽に足が届く子もいれば、

6年生でもウ〜ン、ちょっと無理かな…(。-_-。)という生徒もいます。
グレード試験や、コンクールであれば、評価に繋がってしまうので、

正しい姿勢で弾けないようであれば、足台や補助ペダルを使うように話しますが、

発表会の場合、勿論きちんと演奏しないといけないのですが、

生徒さんたちにも学年のプライドと申しましょうか…、

身長だけでは割り切れないものがあるようです。
気持ち、よ〜く、よ〜くわかります。

自分より下の学年のお友達が、補助ペダルを使わずにペダルを踏んでいるのをみたら、

「僕だって、私だって、補助ペダルなんか、要らないもんね〜。」

そう、おもいますよね。

いつもなら、椅子に深く腰掛けて、弾きそうになるところを、

エラく浅く腰掛けて、背中もピーンと伸ばして、必死に足を床につけて…(^_^;)。

一生懸命アピールしている姿が、何ともいじらしくて可愛らしい!
毎年、ホントにホントに悩みます。

もうしばらく様子を見て、一人一人話し合って納得して決めたいと思います。

 

♪年少さんのピアノレッスン♪

5月、ゴールデンウィークが終わりましたね。

私は今年のゴールデンウィークは奈良に行ってきました。

奈良は大好きな場所で、何度も訪れてますが、

何度行っても本当に穏やかで、ゆっくり時間が流れるお気に入りの場所です。

 

さてと、4月からピアノのレッスンを始めた年少さん達のレッスンが

今月、2ヶ月目に入りました。

4月のレッスンで、2つの黒鍵とドの音をマスターして下さったので、

2つの黒鍵を弾いた2本の指を『ミとレ』のところにおろして、

『ミ 、ミ、レ、レ、ミ、ミ、ミー』をレッスンします。

以前は『ド』をマスターしたら『レ』の音を入れてたのですが、

小さな指の生徒さんにとっては、長さの違う親指と人差し指を動かすのは、なかなか大変

それよりは、『ミ、レ、』の方が動かしやすいとわかってからは、そうしています。
そして、『ミー、レー、ドー』とつなげてみる!

3本の指がピアノの上で、3つの音を奏でること

今月はここまで出来れば、バンザーイです。

『ミー、ドー、ミー、ドー』とピーポーピーポーを弾いたり、

『ミ、レ、ド、レ、 ミ、ミ、ミー』とメリーさんのひつじを弾いたり。

 

年少さんのピアノはゆっくり、ゆっくりですが、

小さな指を大切に、ピアノの第1歩をマスターしてほしいと思います。

さてさて、2ヶ月目は…、右手の5本の指を動かしたいと思います。

ウフフフフ…とっても楽しみです♪

♡ちょっとだけ…心の声♡

ちょっとだけ…心の声!

『洗濯機』

昨日の朝普通に使えた洗濯機が、昨夜洗濯しようと思ったら
ウンともスンとも言わず…電源も入らない
購入して丸9年…寿命かしらね…ということで
買い替えることにしました。

私としては
「もうそんなに大きなサイズでなくて良いので、
コンパクトに高性能なドラム式!」
そう決めて、今朝主人と共に電機店さんに。

 

ところが!私の希望の洗濯機はどこにもなく
この9年の間に洗濯機の価格は1.6倍…
9年前20万円で買えた液晶パネルのドラム式洗濯機は
なんと…33万円に(上機種の電子ピアノが買えるお値段)❗️

しかし❗️9年間大きなタッチパネル操作に慣れてしまった私には
悲しいかな、指で順番に押して出てくるタイプの操作が
とても面倒で、まどろっこしく感じてしまって…。
結局12kgも何を洗おうかしら…と思いつつ
大きな液晶パネルの洗濯機を購入することに。

 

うーん、これ…何かに似てる?と考えていたら
電子ピアノ、エレクトーンと同じなんですね。

どちらも上機種のモデルには、大きな液晶パネルが搭載されていて
一目見て誰にでもわかるような操作になっているのですが、
導入モデルや下位機種になると
基本的なことの機能は変わらないながら
それを設定する操作が、非常にわかりにくい!
特にエレクトーンは、パネルが小さく
基本的な操作さえも、本当にわかりにくい

 

洗濯機も電子楽器も、上機種にはそのものの機能は勿論のこと
毎日いかに便利に!ストレスフリーに使えるか!
そこにそれぞれの企業努力があると思う

初期投資に大きな差があったとしても、
それを日割り計算して考えると
それだけの価値を手に入れる事の方が
実はとても大きい!
素晴らしい機能を毎日簡単に使えることって
とても大切なことだと!

ゴールデンウィーク最終日、
大きな洗濯機を眺めながらツラツラ思った私です

☆鍵盤で遊ぼう☆

ピアノを通して『自分で考える力と豊かな心を育む』レッスンを主軸に

一人一人のお子様の成長に合わせた知育を取り入れたメソッドで

楽しく学べるピアノレッスンを開講しております。

 

今日からゴールデンウィークが始まりました。

初日の本日は、恒例の衣替えとレッスン室のカーテンの洗濯!

衣替えをしながら、プチ断捨離をするのがちょっと楽しかったりします。

 

さてさて、今日のお話は、年少さんのレッスンのお話です。

私のお教室では、年少さんの生徒さんは、レッスン回数が選べます。

お誕生日によっては、毎週レッスンするよりも、少し間を空けてレッスンした方が、

お子さんも、お母様も余裕があっていい時がありますよね。

私も、その方が念入りに準備が出来るので、良かったりします。

年少さんのレッスンをしていると、私自身も沢山のレッスンのヒントがいただけます。

幼い生徒さんほど、とっても素直に反応して下さるから、とても楽しいですね。

 

例えば『鍵盤積木』を使ってのレッスン、

袋の中に入っている色積み木を、鍵盤の上に並べるのですが、

私自身は、ほぼ鍵盤のサイズと同じ積み木なので、そのまま置く設定だったのですが、

ある生徒さんは、ドミノ倒しのように立てて置いてくれました。

「これ‼️面白いかも…。」だって、そのまま置くより、ずっと集中力が要りますもの。

袋からランダムに取り出すので、積み木はあちこちに並んで行きます。

ドとミの積み木が立っている間にレの積み木を置く時のお顔は、真剣そのものです。

途中で倒れても笑えますし、完成してドミノ倒しが出来ても笑えますよね。

もちろん‼️お家でも出来るように、積み木をプレゼントすると、

このお稽古は皆さん!大好きなようです。

 

もう一つは『けんばんあるこう』のおけいこ、2つの黒鍵をチョキの手で弾くお稽古です。

いろんな高さの黒鍵を探して、弾いていくのですが、

「2つのお山を落ちないように歩けるかな?」と声がけしましたら、

「ウン、できるよ!」と右手でチョキの手を作って黒鍵に乗せると、

ナント!鍵盤の手前から奥に向かって、指を動かしてくれました。

「あらまあ〜(≧∀≦)、なんて可愛い発想❣️」ですよね。

小さな指で動かすと6歩ぐらいで奥まで行きますが、鍵盤の音と共に指の行進です。

「先生とヨーイドン!で動かそう!」と言うと

「うん!わかった」と、それはそれは楽しそうに!

右手だけでなくて、左手も登場して、「右手と左手でヨーイドン!」てことも…(╹◡╹)。

 

小さな生徒さんから教えていただくことも沢山あり!のレッスンです。

それでも、レッスンの終わりに「面白かったね。」と笑えることが、

私はこの時期の大切なことだと思っています。

ウーン、ホントは私が一番生徒さんに遊んでもらって、楽しいのかもしれませんね。

ウフフフフ…、年少さんのレッスンが楽しみな私です。

 

♪『タタ』のリズムを楽しく♪

新年度がスタートして20日が過ぎました。

バタバタの毎日がようやく落ち着いてきたと同時に

発表会のことをあれこれ考える季節になりました。

 

さてさて、今日はこの春からピアノレッスンを始めてくださった

生徒さんたちのリズムレッスンのお話です。

 

リズムのレッスンの中で、1拍、2拍、のリズム打ちが出来るようになると、

3拍、4拍 のリズム打ちをしながら、『♪♪ 8分音符』のリズム打ちをします。

カスタネットを両手に持って、『ン タ タン タン ウン』といったリズム打ちが、

出来るようになったところで、お稽古するのが、『かくれんぼ』です。

 

『♪ かくれんぼ 』

♪〜 もう いいかい は…『タン タン タン うん 』

♪〜 まー だだよ は…『タン タ タ タン うん 』

♪〜 ミクちゃん は…『タン タン タン うん 』

♪〜 みーつけた は…『タン タ タ タン うん 』

音も、ド、レ、ミ、の3つで弾けるので、導入曲としては、バッチリです。

 

カスタネットのリズム打ちだと『タタ』のところが、ころばないのに、

ピアノで弾いてみると『タタ〜』となる場合がよくあります。

そんな時は、ピアノのふたを閉めて、左手にカスタネットの持ち、

左手で、『タン タタ タン うん』と打つのに続いて、右手でフタの上で、

『ド ミミ レ〜』と歌いながら、指をうごかします。

これを何度か繰り返して弾くと、バッチリ❗️弾けるようになります〜*(^o^)/*。

 

『かくれんぼ』がマスターできたら、この季節❗️弾きたいですよね〜。

ハイ!そうです〜❗️*(^o^)/*『かえるのうた』で〜す。

油圧式ベンチ椅子を購入しました〜!

いつもいつも、山下ピアノ教室のブログをお読みいただき、

本当にありがとうございます。

ピアノを通して、「自分で考える力と豊かな心を育てる」レッスンをモットーに

一人一人のお子様の発育に合わせた知育を取り入れたメソッドで

知育ピアノレッスンを開講しております。

 

今日はとってもいいお天気で、京都の醍醐寺に行ってきました。

すこーし桜のピークは過ぎてましたけれど、とっても綺麗な今年の桜でした。

暑いぐらいの一日…日焼けが気になる季節です。

 

さて!今日はピアノの椅子のお話。

私の中の椅子の条件は、2つ。

☆長く座っていても疲れない、お尻が痛くならないこと

☆演奏中にきしまないこと

 

そんなわけで、5年前から油圧式のベンチ椅子を使っています。

体格の大きな生徒さん達や調律師の方から、

「長く座っていても、疲れませね〜。。とよく言われます。

 

そして今回、2台目の油圧式のベンチ椅子を購入しました。

椅子の上げ下げが今までよりスムーズになり、座面も座り心地満点!

とても素敵な椅子です。

 

そして!一つ発見したことがあります。

今まで小さな生徒さん達のレッスンに使うピアノには

背つき椅子を使っていたのですが、

無意識に真ん中のドが弾きやすい位置に置いていたようです。

 

先週から1台目のベンチ椅子を使うようになって、

生徒さん達が自分で考えて、手をピアノに置いてくれるようになり、

時に…ン?と思うこともありますが、それもまた学習だなぁと思います。

新しい椅子と1台目の椅子!

これから大切に使っていこうと思います。

 

4月…今年も桜の季節です!

4月に入り桜満開の日曜日です

今週は続々と入学式が行われる予定ですが、

桜が美しく咲く中での入学式になりそうですね。

中学校に入学する女の子達が、長くしていた髪の毛をバッサリ切っていて、

中学生になる意気込みを感じた一週間です。
さて、先日私自身のレッスンに、行って来ました〜。

行って来ました〜(^∇^)ではなくて、行って来ました…(。-_-。)と言うべきかな?

何年通わせていただいても、やはりドキドキしますね〜。

先生は、いつもどおり、静かに和かに迎えて下さり、春休みのお話もしつつ、

桜の花のお話もしつつ、レッスンに入りました。

 

今回のレッスン曲は、バッハの『イタリア協奏曲』です。

まずはひととおり聞いていただきました。

先生は、ニッコリ笑って、戸棚から『メトロノーム』を取りだすと

「バロックは等速感!テンポをきちんと揃えるようにね。」と。

そう!そうなんです…(。-_-。)、よくわかってはいるんですが。

メトロノームを使う時に、先生は必ず、弾きたいテンポのマイナス10%から始めて、

マイナス5%、ジャストテンポ、プラス5%、プラス10%の5種類を弾きますが、

とても細かく聞いて下さり、チェックして下さいます。

プラス5%あたりから、アタフタ…、プラス10%となると、笑うしかない私!

でも確かに、メトロノームレッスンをした後って、

きちんと拍の中に入って聴こえるからふしぎですよね。

レッスンが終わっていただいた紅茶の美味しかったこと(≧∇≦)❗️。

しばらくの時間先生とお話をして、帰路につきました。

 

帰り道はちょっとホッとしつつ、ちょっと反省もしつつ、

生徒さんもレッスンの帰り道は、こんな気分なのかなぁ〜と思いながら…、

私は、時々ですが、生徒さん達は、毎週ですものね(。-_-。)。

 

自宅に戻り際、なぜだかご近所の大きな桜の木を見たくなり、

寄ってみましたら、満開に近く咲いていました。

老木の桜ですが、私が栗東にきた年の春から30年をゆうに超えた今年も、

変わらずピンク色の花びらが揺れていました。

頭の上で、あたたかく包みこむように揺れる桜の花が、

「今日も、よくがんばりました」と、頭を撫でてくれた気分になりました。

 

この季節、日本のいたるところで、桜の木を見上げる人達がいることでしょう。

どんな気持ちで見上げても、桜の花たちは、それぞれの気持ちに寄り添い、

優しく、あたたかく、見上げる人達の頭を撫でてくれることでしょう。

だからこそ、美しく、あざやかに咲く桜の花を、そして桜の木を、

私達は、何度でも、見上げたくなるのかもしれませんね☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆。