新着ブログ|山下ピアノ教室

やましたピアノ教室の新着ブログ

☆ピアノの先生のための指導法レッスン…part2☆

いつもブログをお読みいただきまして、ありがとうございます。
小さなお子様の感性に寄り添いながら、自己肯定感の上がる脳科学メソッドを取り入れたピアノレッスンを…。

小さなこども達のための、知育&ピアノレッスンをしています。

 

さてさて❣️前回のブログでお知らせした新しいレッスン、

『ピアノの先生のための指導法レッスン』を受講して下さったピアノの先生から

昨日、とっても嬉しいご報告をいただきました。

 

「山下先生!体験レッスンからご入会していただきました❗️」

 

本当に、本当に嬉しいご報告をいただいて、私も嬉しいです。

先日受講して下さった先生からも「お問い合わせが来ました」との報告をいただき、

お手伝いさせていただいたことが、嬉しい結果に繋がったことに

私自身も沢山のことをお勉強させていただき嬉しい限りです。

 

ピアノの先生方が、お困りになっていらっしゃることや悩んでいらっしゃることは、

お話を聞いてみると、千差万別です。

そのことにピンポイントでアドバイスをしたりお手伝いするために、

1対1でお話を聞かせていただいてます。

その上で、私自身の指導法やレッスングッズの使い方、教本のご紹介…etc

それぞれの先生が知りたい情報をお伝えしています。

 

もし…一人で悩んでいらっしゃる先生がいらっしゃいましたら

このブログからでも、私のホームページからでもご連絡下さいね。

♪♪ピアノの先生のための指導法レッスン♪♪

このところ暑さも一息ついて、空に浮かぶ雲に秋を感じていたところ…

今朝の栗東は、とてもいいお天気過ぎて…お日様が近い気がします。

ウーン、お日様の威力はなかなか❣️すんなりと秋にはならないかなぁ。

 

さてさて、毎日のレッスンに加えて、今週は新しい生徒さん達にもお会いして、

新しいレッスンが始まり、忙しい毎日でした。

そして!もう一つ、先月から新しいレッスンが始まりました。

 

『ピアノの先生のための指導法レッスン』 です。

 

このレッスンを始めようと思ったのは、Instagramで仲良くなった

先生からいただいた1通のメッセージでした。

「小さいお子さんのレッスン…どう組み立てれば良いのかわからなくて…」というお話。

でもでも、お聞きしてみたら、沢山の講座を受けていらっしゃって、

今すぐにでもレッスン出来る気がしました。

 

でも…受け過ぎて、あり過ぎて動けない!ってありますよね。

そこで、その先生と1対1のオンラインで「レッスンの組み立て方」をお伝えすることに‼️

1対1なので、その先生のお話をじっくりお聞きして、

ピンポイントで私のやり方や、その先生のやりたいことに

アドバイスをお伝えすることができます。

 

先月から3かいのレッスンを終えて、来週から体験レッスンを始めるそうです。

SNSでチラッとお話しましたら、嬉しいことに5名の先生方からメッセージをいただき、

現在、3名の先生方のレッスンをお手伝いさせていただいてます。

新しいレッスンに、ワクワク、ドキドキの秋になりそうです。

☆☆オンラインレッスン☆☆

いつもやましたピアノ教室のブログをお読みくださいまして、
ありがとうございます。

小さなお子さまの個性に寄り添いながら、自己肯定感を上げる脳科学メソッドを取り入れたピアノレッスンをしております。

 

8月ももうすぐ終わりますね。

テレビを見なければ、本当にごくごく普通の日曜日なのですが、

滋賀県も一昨日より、緊急事態宣言下にあります。

息苦しさを感じながらも、今出来る精一杯を…そう思っています。

 

さてさて、昨年初めての緊急事態宣言が出された際に、

一番最初に始めたのは、『オンラインレッスン』でした。

お仲間の先生方と一緒に、何を使ってレッスンをするのか、

どんなやり方でレッスンをするのか…何度も何度も話し合いました。

 

手探りで始めた新しい形のレッスンですが、

日を追って落ち着いてレッスンが出来るようにもなりました。

いつの間にか、対面レッスンとオンラインレッスンという形が

当たり前になって、今日に至っているように思います。

 

今回残念ながら、滋賀県は2度目の緊急事態宣言下にありますが、

ピアノレッスンはいつもと変わらず、繋げていきたいと思います。

大変な毎日の中で、ピアノ講師である私に出来ることは、

「いつもと変わらないレッスンを生徒さん達と楽しむこと」

そう思いながら、明日からもレッスンをしていきたい私です。

♡♡ My Favorite Things ♡♡

小さなお子さまの個性に寄り添いながら、

自己肯定感を上げる脳科学メソッドを取り入れたピアノレッスン、

私のお教室の目指すところです。

それにしても…本当によく降りますね。

もうそろそろお日様のお顔を見たいですね。

 

さてと❣️今日は今の私のお気に入りをいくつかご紹介しようと思います。

☆『いつもいつも、レッスンのことばかりだとちょっとね…』

そんなInstagramを上げています。

その中で、昨日アップしたのは『ドクターイエロー』です。

「出会うと幸せになれる」と言われている黄色の新幹線です。

運行日が発表されていないドクターイエローが走る!という情報をもらって、

久しぶりにリビングのベランダから撮影しました。

もしお時間ありましたら、私のInstagramの昨日の投稿

『いつもいつも、レッスンのことばかりだとちょっとね…part4』をご覧下さいね。

 

☆☆8/18日発売の葉加瀬太郎さんのCD『SONG BOOK』

もー、本当に素晴らしいCDです。

お馴染みの『情熱大陸』『エトピリカ』は定番のアレンジとは

少し違うバージョンで、とってもステキ❣️

私のイチオシの曲は、5曲目に収められている『島々の詩』。

「瀬戸内海の島旅」をテーマにしたイメージ曲。

瀬戸内海で生まれ育った私にとって、海の色も、空の蒼さも、

島々の風景も、海に沈む太陽も…全てが懐かしく、愛おしく思い出される、

そんな曲です。是非、一度お聞き下さいませ。

 

☆☆☆そして最後は絵本。『だいじょうぶ だいじょうぶ』

大好きなおじいちゃんの口癖は「だいじょうぶ だいじょうぶ」。

嬉しい時も、楽しい時も、寂しい時も、悲しい時も、

やさしく、やさしく語りかけてくれます。

「だいじょうぶ だいじょうぶ」は、魔法の言葉。

 

もうすぐ、夏休みも終わりますね。

♡絵本で自己肯定感をアップ♡

先週から降り続く雨で、日本中で起きている災害のニュースに

本当かに心が痛みます。

雨は、私達の生活には欠かせないものです。

雨は草木を育て、生き物を育て、人々の生活をも守る大切な恵でもあります。

それだけに…心が痛みますね。

 

さてさて、私はご存知の通り絵本が好きです。

レッスンの中でも、プライベートでもよく読みます。

絵本を開くと、いつのまにかその世界に入ることができますよね。

その絵本のお話が楽しくても、すごく悲しいお話であっても

読み終わった時のピュアな感覚が、私は大好きです。

 

私の教室には、そんなことを生徒さん達にも感じてほしくて、

絵本を待っているわずかな時間に読んでいただいたり、

レッスンの中でも、声に出して読んでもらったりしています。

 

生徒さん達も絵本が大好き。やっぱり絵本を開くと笑顔になります。

ひらがなが読めても、読めなくても、絵から感じることがあります。

それを「自分の言葉で話してみる」ともっともっと楽しくなります。

どんなお話だってOK!どんな答えでも全てが正解です。

 

それだけで、生徒さん達の心が豊かになったり、

いろんな感情が芽生えるとしたら…、素敵なことですよね。

そのためには、出来るだけわかりやすくて、色鮮やかで、

お話しやすいアイテムがいっぱい詰まった絵本を見つける!です。

そんなところから、小さな子供達の心を豊かに、

そして❗️自己肯定感を高めることに繋げていきたい私です。

♪♪ 発表会から1週間の変化 ♪♪

今年の夏も本当に本当に暑いですねー。

ブログの中で何度となくお話ているのですが…、

私はホントに『夏』が苦手なんです〜。

出来ることなら、夏は涼しいお部屋で、ゆっくり本を読んでいたい私です。

 

さてさて、発表会が終わってこの一週間は、

生徒さん達、お母様方と発表会の振り返りをしつつ、

これからのレッスンについてお話させていただきました。

 

☆はじめての『ぷれ・はっぴょうかい』に出演した年中さん

おおきなピアノがひけて、たのしかった。

おひめさまドレスがきて、おけしょうもしてもらってうれしかった。

もっとたくさんひきたかったなー。

 

♪ピアノのレッスンは始まったばかりです。来年のステージを目指して

レッスンを積み重ねていきます。

 

☆3回目の発表会に出演した2年生の男の子のお母様

今年の発表会は自分で選曲をするところから始まり、

お稽古の計画表も自分で書いたり…ちょっとお兄ちゃんになりました。

そのせいか、今までの年に比べて暗譜が早かったように思います。

ステージに上がる時の笑顔…とてもいい笑顔でした。

 

♪発表会に限らず、学校でピアノを弾いたり、ストリートピアノに

チャレンジしたり…人前でピアノを弾くことが、楽しみになりつつあります。

この秋〜冬は、初めてのグレードに挑戦です。

 

☆10回目の発表会に出演した高校生さん

先生に言われるまで、10回目ということに気がつきませんでした。

そのくらい、夏休み発表会は私にとっては毎年の行事みたいな感覚です。

今年もいつものように、ステージに立つことが出来て良かったです。

高校から離れ離れになった友達に会えたことも、メチャ嬉しい日でした。

 

♪繋げて下さるだけで嬉しいです。

一週間に一度のレッスンをこれからも楽しんでもらいたいと思います。

 

今日からお教室は夏休みに入ります。

私自身もこれからのレッスンを考えてみたいと思います。

『きらめきコンサート2021 Summer』終了しました。

8月に入った1日、今年の発表会を開催いたしました。

今年も沢山の方々のご協力をいただきまして、

一人もお休みすることなく、ご出演いただきました。

 

昨年から発表会のあり方が変わり、手探りで開催した昨年から一年

周りの状況は変わらず、もしかしたら昨年より悪化…という中で、

それでも何とか繋げることができたのは、

生徒さん達の気持ちと保護者の皆様のご理解の賜物です。

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

現在の状況が続く限り、何が正解で何が間違いなのか…、

それは私にはわかりません。

ただ、どんな状況にあっても「100か0の選択ではなくて、その間にある最大限を探す」

その方向を見失うことなく、進んでいきたいと思います。

また❣️明日から一年後のステージを目標に、

生徒さん達と一緒に楽しくレッスンしていきまーす(≧∀≦)。

☆☆ピアノのはっぴょうかい☆☆

今朝の栗東は、朝一番にお日様が顔を出したのですが、

時間と共にどんよりと…今にもポツポツきそうな朝です。

今年は梅雨が本当に長いですね。

雨の日も多く、レッスンに来て下さる生徒さん達、お母様方も

きっと大変でしょうに…と思う毎日です。

 

さてさて、今月は、来週のたなばたの日までは、先日ご紹介した

『たなばたさま』と、『きつねのたなばたさま』の絵本が置いてありました。

今週からは、新しい7月の本がならびます。

2冊❗️追加しました。これも、今月ならではの絵本です。

 

☆『 ピアノはっぴょうかい』という絵本です〜*(^o^)/*。

毎年置くので、何度も読んでいる生徒さんもいますが、それでも置きます〜(笑)❗️

なぜなら、今月はピアノの発表会があるからです〜*(^o^)/*。

主人公は、はじめての発表会にでる、『ももちゃん』。

先生は、「いつものように 弾けばいいのよ。」とにっこり笑って言うけど…。

ももちゃんは、自分に、言い聞かせます。「大丈夫!大丈夫!」

でも、くりかえしているうちに、どんどんその声が、小さく弱くなり…。

その時、ももちゃんの足元で、ステキなドレスを着たネズミさんが、

ももちゃんに話しかけます。

「あたしたちも、はっぴょうかいをしてるの。みにおいでよ。」

ここからは…良かったら絵本をお読みくださいませ。

真っ赤なドレスを着たももちゃんが、私は大好きです。 ウフフフフ(o^^o)。

 

☆そして、もう一冊は『たん ぱらん』という絵本です。

「たん ぱらん  たんぱらん」

音の響きがとっても好きな絵本です。

雨の音ですが、6月の雨というよりは…私の感覚的には

7月!夏に向かう雨のような気がして、今の季節に置きます。

この絵本も大好きな一冊です。

もうすぐ7月…たなばたですね。

いつの間にか、6月も残すところ3日ですね。

今年は、何となく過ごしやすい6月のように思うのは、私だけでしょうか…。

7月も暑くならなければいいなぁ〜と願うばかりです。

 

この時期に毎年、教室の本棚に追加で置く絵本が、2冊あります。

それは…、あと2週間で訪れる日本の行事『たなばた』の絵本です。

ハローウィンや、クリスマスに押されてしまって、影が薄くなりつつありますが、

私は、7月7日の『たなばた』が、大好きです。

 

私の実家には、小さな笹竹が植えられていて、毎年父がこの時期になると、

1本切ってくれました。その笹竹に、飾り付けをするのが、楽しみでした〜*(^o^)/*。

さて、それでは、絵本の紹介しますね。
☆☆ たなばたものがたり(行事の由来えほん)☆☆

むかし、むかーしの中国の、天のお話。

織姫と牽牛は、出会ってすぐに、お互い好きになり、恋に落ちました…。

この絵本は、たなばたの由来となったお話の本です。

日本古来の行事の多くは、海を越えたお隣の国、『中国』に由来するもの。

むかし、むかーしは、仲良しだった国ですよね。

今は…、何となく…になってしまっていますが、私達が毎日使っている文字も、

海を越えて日本に伝えられた文化であることを、忘れてはダメですよね。

そんなことも、ちよっと感じて欲しい1冊の絵本です。

 

☆ きつねのたなばたさま ☆

子ぎつねは、猟師にうたれて亡くなってしまった、お母さんぎつねのことが、

恋しくて、恋しくてたまりません。

ある日、人間の母子が笹竹に願い事を書いて吊るしているところをめにします。

子ぎつねは…野山を走り回ってやっと見つけた、芋の葉っぱに…。

ちよっと切なく、でもやがてこの子ぎつねに訪れる幸せを描いた絵本です。

子ぎつねがやっと見つけた芋の葉っぱに、願いを込めてあしあとをつけて、

夜中にそっと笹竹につけるシーンは、キュンとします。

この時期にしか登場しない2冊の絵本ですが、私の大好きな絵本です♡♡♡。

♡悩みます…発表会の補助ペダル(u_u)♡

おはようございます。今朝の栗東は、とてもいいお天気です。風もカラッと爽やかにリビングに入ってきて、気持ちの良い朝です。 

さてさて…。

発表会が近づいてくると、ペダルを使うことが増えてきます。

そう!ペダル!悩みの種です。

 

グランドピアノのペダルにきちんと足が届いて、ペダルが使えるようになるには…、

身長が145cm前後、学年でいうと小学校5〜6年生ぐらいでしょうか?

でも、個人差があるのは…仕方のないことで、4年生でも楽に足が届く子もいれば、

6年生でもウ〜ン、ちょっと無理かな…(。-_-。)という生徒もいます。

 

グレード試験や、コンクールであれば、評価に繋がってしまうので、

正しい姿勢で弾けないようであれば、足台や補助ペダルを使うように話しますが、

発表会の場合、勿論きちんと演奏しないといけないのですが、

生徒さんたちにも学年のプライドと申しましょうか…、

身長だけでは割り切れないものがあるようです。

 

気持ち、よ〜く、よ〜くわかります。

自分より下の学年のお友達が、補助ペダルを使わずにペダルを踏んでいるのをみたら、

「僕だって、私だって、補助ペダルなんか、要らないもんね〜。」

そう、おもいますよね。

 

いつもなら、椅子に深く腰掛けて、弾いているのに…、

エラく浅く腰掛けて、背中もピーンと伸ばして、必死に足を床につけて…(^_^;)。

一生懸命アピールしている姿が、何ともいじらしくて可愛らしい❗️

ウン、ウン、わかるよ〜。補助ペダルって踏みにくいもんね。

 

毎年、ホントにホントに悩みます。

もうしばらく様子を見て、一人一人話し合って納得して決めたいと思います。

ブログをお読みいただいた先生方、お母様方はどうされてますか?

もし、お時間がありましたら、お知らせいただけたら幸いですm(_ _)m。