やましたピアノ教室の新着ブログ

☆☆ もう1冊ありました ☆☆

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

今日の栗東は、朝からスカッとした青空の広がるいいお天気です。

昨日の日曜日、久しぶりに時間があったので、お洋服の入れ替えをしました。

夏のお洋服を片付けながら、「また、来年も着れるといいなぁ〜」と。。

来年も同じ洋服を着るためには、何とか!体型を維持しなくては!

そこが大きな問題になるお年頃…、冬の過ごし方が大きなポイントです〜(u_u)。

 

そうそう!前回のブログでご紹介したい本がもう一冊ありました。

レッスンの際に、よく生徒さん達に見ていただくピアノの絵本。

☆ カワイ出版さんの『楽器の絵本 ピアノ 』です。

大好きな青島広志先生の講座に参加した際に、紹介していただいた絵本です。

「ピアノの先生が、まずはしっかりとピアノのことがわからないといけませんよ。」と、

お話になって、「もしかして、わかってないかも…。」と購入した絵本です。

 

この絵本は、今現在のピアノのお話を中心に進められています。

『だんめんず』と同じく、ピアノの断面図を2ページを使って描いています。

どうやってピアノの音が出るのかを、丁寧に説明してくれている絵本です。

何度聴いても、なかなかわかったようでわからないピアノの仕組みですが、

生徒さんと一緒に読んだり眺めたりするうちに、理解したように思います。

 

レッスンをしていて、よく生徒さんに聞かれることがあります。

「せんせー、真ん中のペダルって、いつ使うの?どんな時に使うの?」

「ぼくんちのピアノの真ん中のペダルは、押したら音が小さくなるけど、

せんせーのピアノはならないね。なんでかなぁ〜、壊れてたりする…?」と。

グランドピアノの右、左のペダルは、踏んで見ると変化がわかるのですが、

そう!真ん中のペダルって、ただ踏んだだけではなかなか変化がわからないですよね。

この絵本の中では、この真ん中のペダルのお話も書かれています。

 

『ソステヌートペダル』という名前のペダルです。

私は、このペダルのお話をする時に、こんなことをよくしてみせます。

まずは、真ん中の『ドミソ』の3つの鍵盤を音を出さないようにして下まで押さえます。

そして、真ん中のペダルを踏みます。

そして、ペダルを踏んだまま、いろんな鍵盤の音を弾きます(低い音が効果的)。

そうすると!あらあら不思議!音を出して弾いた音はすぐに消えるのに、

最初に音を出さずに弾いた『ドミソ』の音が、ナント❗️綺麗に聴こえます。

ウフフフ…この時の生徒さんたちのお顔は、それはそれは!いいお顔になります〜(≧∀≦)。

 

絵本を通して、『ピアノ』という楽器の魅力が、少しでも伝わったなら、

きっと、ピアノを弾くことが、もっともっと好きになれる気がします。

そういえば…先日の斎藤守也さんのレクチャーコンサートの際にも、

「ピアノが上手くなるためには、ピアノという楽器を知って好きになること」

そう、お話されてましたっけね。。