やましたピアノ教室の新着ブログ

♪♪合唱コンクールおめでとう ♪♪

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

栗東市 ヤマハ ピアノ教室の山下です。

今朝の栗東は、柔らかな光が射して、明るい朝です。

週末になると雨が降る9月…楽しみにしていた運動会が延期になった小学校も多いとか、

今日が運動会という生徒さんたちも沢山いらっしゃいます。頑張って下さいね〜。

 

運動会…、ウーン、母が作ってくれたお重箱に入ったスペシャルなお弁当❣️

それだけが楽しみだった気がします…笑笑。

短距離走は、大の苦手…3等賞をいただいたのは1回しかなくて、

あまりの嬉しさと驚きに、3等の旗を持ってエッヘンポーズで立っているところを、

父が写真に撮ってくれて、その1枚の写真が、私の運動会の唯一の勲章です。

 

さてさて、先週の金曜日、中学校の合唱コンクールが行われました。

今年は、本当に生徒さんたちが頑張って下さって、10名の生徒さんたちが

合唱の伴奏をしました。素晴らし過ぎて、一番驚いたのは私です。

そして、嬉しいことに、3名の生徒さんが『伴奏者賞』をいただきました。

これまた、「本当に…おめでとうございます。」です。

 

今年は、本当にどの曲も難しくて、夏休みの練習は大変でした。

年々、合唱の伴奏が難しくなっていると思うのは、私だけでしょうか。

でも、どんなに難しくても、引き受けた以上は、弾かなくてはなりません。

頑張っていることはわかってながら、暑い中の厳しいレッスンになりました。

 

9月に入って、毎日の練習が始まると、歌と合わなかったり、指揮と合わなかったり、

リハーサルで緊張して上手く弾けなくて、泣いてしまった生徒さんも続出。

それでも、レッスンの時は、いつも笑顔で楽譜を開いてくれました。

きっと辛かったことも沢山あったと思います…(u_u)。

 

本番の生徒さんたちの緊張は、きっと計り知れないものだったと思います。

でも、終わってからの報告は、皆さん笑顔、笑顔。

「せんせー、めっちゃ緊張して、テンポが速くなった〜。でも、弾けた!」

「足がブルブル震えて、ペダルが踏んでるか踏んでないか…わからなかったです。」

「発表会の何倍も緊張したけど、弾いてて何だか可笑しくなって笑えた。」

本当に‼️たくましい生徒さんたちです(≧∀≦)。

 

でも、大きなステージでの演奏が教えてくれることって、沢山ありますよね。

また一つ、大きく成長して下さった生徒さんたちのこれからが楽しみです。

早くも「来年も絶対弾く‼️3年皆勤賞目指します」も飛び出して、

若いパワーに負けて入られない!密かにそう思った私です…ウフフフフ(o^^o)。