やましたピアノ教室の新着ブログ

♪♪ アドバイスレッスン ♪♪

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

今日の栗東は…雨も上がって、明るい曇り空です。

運動会日和…とはいきませんが、このぐらいの方が、過ごしやすいように思います。

いつもいつもブログをお読みいただきまして、本当にありがとうございます。

長年のお付き合いのお母様から、「先生のブログは長い!笑笑」と。

そうなんです〜、自分ながらそう思います。出来るだけ、短く、簡潔に!目指してみます。

 

さてと、昨日までの一週間、月に1回のアドバイスレッスンをしました。

中学生、高校生の生徒さん達が定期テスト期間中ですので、

しっかりお勉強していただくために、レッスンはお休みになります。

その枠を使ってアドバイスレッスンをしています。

普段は、グループレッスンに通っていらっしゃる生徒さんたちですが、

それぞれの弱点を中心に、個人レッスンをしています。

「楽譜が読めない。」「初見が苦手。」「即興がわからない。」etc。

それぞれの生徒さんの弱点を、グループレッスンとは少し違う角度でレッスンしますが、

出来ない!わからない!と思っていたことも、少しのアドバイスで出来るようになったり、

少しずつですが、コツをつかめば、楽譜が読めるようになったりすると、嬉しそうです。

 

グループレッスンの生徒さんに共通する強みは、なんといっても『耳』です。

聴こえてきたメロディーを再現する能力の高さは、素晴らしいと思います。

確かに『耳』は良いのですが…、私から見るとその強みを生かせてない気がします。

「聴いている」のではなくて「聴こえている」からでしょうか…。

片手聴奏は出来るのに、両手聴奏となると、「…」になってしまうのは、そのせいですよね。

両手聴奏は、理想的には左右の音が同時に聴き取れることだと思いますが、

難しい場合は、まずは右手のメロディーに集中して聴くこと!

一度の聴奏で、右手が聴き取れれば、テンション上がって「次は左!」となります。

 

グループレッスンの生徒さんに共通する弱点は、『楽譜が読めない!』です。

勿論、楽譜が読めなくても、ピアノは楽しく弾けます。

でも❗️やっぱり読めた方が、何倍も楽しい‼️と私は思います。

なぜ読めないのか…「楽譜を目で追いながら、指を動かさない」からです。

譜面台には、お母様がビッシリと書き込んだドレミと、グループの先生が、

色を変えて何重にもつけた、間違いポイントが書かれた楽譜が置いてありますが、

楽譜を見ないで、下を向いて指ばかり見て弾いていたのでは、

残念ながら…直せてなくてもったいないなぁ〜と思います。

 

そんなお話をしながら、少し違う角度からアドバイスをすると、

どの生徒さんもすごく素直なので、「ウンウン。わかる!」と言ってくれます。

さてさて、来月のアドバイスの際には、どんな変化があるか楽しみです。